お電話でのお問合せ
058-214-6250
メール

一宮市木曽川町内N邸  建て方開始

P6101917

いよいよ建て方開始しました。

御施主様には、待ちに待った日だと思います。

P6121918

太い丸太梁を、見せて天井も梁を、すべて見える構造にしてあります。

丸太梁は、縦45センチ✖横40センチ長さ9.5メートルの梁と、縦33センチ✖横30センチ長さ4メートルの梁が使って有ります。

P6121919

手前の大黒柱24センチ(8寸)紅白幕で巻いてあるもの。奥の柱21センチ養生して有る柱。

太い柱に、太い梁耐震等級も3等級を保持しています。地震にも強い構造にして有ります。

P6121920

全景 家の形が出来上がりました。

P6121921

これから順次屋根工事に入ります。

愛知県一宮市木曽川町内のN邸基礎工事開始

P4191761

最初に地盤調査をします。

P4191762

地盤に目グシを、打ちます。建物の位置を出してその場所で地盤調査を、行います。

P4201763

調査の結果表層改良工事に成りましたので、その工事に掛かりました。

P4201764

建物の位置、基礎の真下を掘り、改良剤と一緒に地盤を固めます。

P5201843

地盤改良工事が終わって、基礎の鉄筋組みをします。

P5201844

鉄筋の間隔などを均等に組んでいきます。

P5201845

地面と基礎との間には、防水シートをひいて地面からの湿気を防ぎます。

P5201849

鉄筋組みが終了して、検査員のチェックを、受けます。

P6061890

基礎ができ上がり、土台伏せが始まりました。床組みと一緒に組んで進めます。

P6061891

全体がマス目の様に組みますので、丈夫床組に成ります。

P6061897

床断熱材もしっかり入れて、これで床下から冷えることも少なく成ります。

P6061900

断熱材の上に、構造用床合板を敷きます。

当社は28ミリと、他社より厚い物を使いますので、床が丈夫です。 建て方までの準備が整いました。

愛知県一宮市木曽川町N邸の地鎮祭

P4081735

一宮市木曾川町内で地鎮祭を、執り行いました。

P4081737

あいにく雨模様でしたが、そこまでひどくなく家を建てるのには、火から守る事もあり程よい雨でした。

P4081738

お施主様の両親も来ていただいて、一緒にお祓いを受けてもらいました。

P4081744

施主様に、鎌入れの儀式に参加して頂きました。

P4081745

当社社長も鍬入れをして、無事に建つように願いを、込めて行いました。

ページのトップへ