お電話でのお問合せ
058-214-6250
メール

第7回地域還元感謝際開催

地震に強い家

まずは地盤が強いかどうか

家を建てる時に一番重要なのが、地盤が強いかどうか。いくら頑丈に基礎や構造を作っても、地盤が建物の荷重に耐え切れないと、地震が起きる前に重さで傾き崩壊してしまう恐れがあります。

当社で家を建てる場合は、まず地盤の調査を行い、地盤に適した改良工事を行い、確実に安全性を確保します。

建物の要である基礎

地震が起きた際に一番はじめに揺れが伝わるところが基礎です。基礎がしっかり作られていないと、建物が倒壊してしまいます。

近年では、一体型コンクリートの底板の上に構造を組んでいくベタ基礎が主流です。
当社では太い柱を使うため、柱以上のしっかりした基礎を打ちます。また基礎を高くすることで、通気性がよくなり、湿気から家を守ります。

柱・筋交・梁など
抜かりない施工

当社では太い梁をしっかりと支えるために太い柱を使用します。そして太い筋交を使用し、建物の耐震性をしっかりとります。

太い材料を使用すれば、家にかかる荷重をしっかり支えられるため、家の歪みや沈みが無くなります。そうすることで頑丈に、長持ちするようになり、地震にも強くなります。

材料の直接買い付けを行なっているため、頑丈で立派な材料を安くご提供することが可能です。

ページのトップへ